Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. スキンケア
  4. >
  5. 憧れの毛穴レス肌になりた...
憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と毛穴対策

憧れの毛穴レス肌になりたい!タイプ別の原因と毛穴対策

開いたり、黒ずんだり、毛穴の悩みはつきないものですね。至近距離で見られるのはちょっと困る…とお悩みの女性も多いと思います。 多くの方が憧れる毛穴レスの肌。ゆで卵のようなツルンとした肌を作るには、どうすれば良いのでしょうか。 実は毛穴のタイプによって対策も違うので、まずは自分の毛穴がどのタイプなのかを知ることが大切です。 タイプごとに適したスキンケアをしていかないと、いつまでたっても毛穴が目立ったままに。 早めの対策を始めて、毛穴レスの素肌を目指しませんか? 今回は、毛穴が目立つ原因とタイプ別の毛穴対策、おすすめのスキンケア方法についてご紹介します。

2021.07.29 スキンケア

Supervisor監修者

片岡 祥幸

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)
片岡 祥幸

毛穴レスの肌ってどんな肌?

茹で卵

そもそも毛穴は、どんなに肌がきれいな人にもあるものです。毛穴レスといっても毛穴がないわけではなく、目立たないだけなのです。

では、毛穴レスの肌とはどのような状態の肌なのでしょうか。

<肌にハリがある>

まず一つ、肌にハリがあると毛穴が目立ちません。水分も油分も適度な状態でハリがあるので、毛穴が閉じているように見えるんですね。

私たちの肌は紫外線を浴びたり、加齢やストレスにより体内に活性酸素が増えます。

活性酸素は細胞を傷つけ老化を早めるといわれているので、活性酸素が増えるほど肌にハリがなくなってきます。

毛穴が目立たない人は、紫外線対策を万全にし、食べ物や睡眠にも気を使など、生活習慣を見直すことで、活性酸素を抑えることができているようです。

そのようにしてお肌のハリを保つことで、表面上は毛穴が目立たずに、つるんとして見えるのです。

<適切なスキンケアをしている>

毎日行っているスキンケアにも毛穴レスの秘密があります。

クレンジングや洗顔が不十分だと、毛穴の中に汚れが蓄積し、それが毛穴を目立たせる原因になることもあります。

メイク汚れはその日のうちにしっかり落とすことが大切です。

そして水分や油分を適宜スキンケアで補い、肌の潤いをキープすることが大切です。

毛穴にはタイプがある!それぞれの原因は?

毛穴の種類は大きく分けると3種類になります。

毛穴レスの肌を目指すには、自分の毛穴が目立つ原因を知ることから始めましょう。

<1、黒ずみ毛穴>

毛穴

黒ずみ毛穴とは、毛穴が目詰まりをおこし、汚れがたまっている状態です。詰まった皮脂の頭の部分が表面に出ることで、酸化する為、黒ずみがポツポツと目立ってみえます。

・毛穴に汚れが残っている

・肌のターンオーバーが乱れている

などが原因で、角栓ができやすくなります。

<2、開き毛穴>

開き毛穴

開き毛穴とは、乾燥で角質が硬くなり、過剰な皮脂分泌によって毛穴がどんどん押し広げられ、キメが乱れた状態です。

原因には、

・皮脂の分泌が多い

・乾燥がひどい

の2つが考えられます。

皮脂の分泌が多い人は、全体的に肌がベタベタしている場合が多く、鼻やその周りの毛穴がとくに目立つのが特徴です。

乾燥が原因の場合は、水分も油分も足りないのでゴワゴワでキメの粗い肌になっています。とくに乾燥しやすい頬の毛穴の開きが目立ちます。

<3、たるみ毛穴>

たるみ毛穴

たるみ毛穴は、年齢や乾燥によるターンオーバーの乱れによって、皮脂バランスが崩れ、肌の表面が凹凸にくぼみ、しずくのように垂れ下がって見える毛穴の状態です。

・皮脂の肌を荒らす成分により皮膚がしずく状に削り取られている

・ターンオーバーが乱れて正常な角質層が作られていない

これがたるみ毛穴で、多すぎる皮脂によって肌荒れをしているような状態なのです。

毛穴のタイプごとの対策やおすすめスキンケア方法

スキンケア

毛穴のタイプごとにどのようなスキンケアが良いのか、おすすめのスキンケア方法についてお話しします。

<黒ずみ毛穴>

黒ずみ毛穴で一番大切なのは黒ずみとなった角栓を取り除き、角栓が再びできないようにすることです。

そのためには、肌に刺激を与えないようにして洗顔をしましょう。

ゴシゴシこすることが角質を厚くする原因となるので、たっぷりの泡を作って丁寧に優しく洗い、保湿をします。

角栓は無理に取り除かなくても、正しい洗顔と保湿をすることで自然にとれやすくなります。

<開き毛穴>

開き毛穴は、まず汚れを落とすための洗顔はもちろん必要ですし、その後の徹底した保湿が大切です。

顔がベタベタしているとついゴシゴシこすりたくなりますが、それはNG。たっぷりの泡で優しく洗うことで毛穴の奥まできれいになります。

また、皮脂が多いというと何も塗らない方がいいと思ってしまう方がいますが、水分が足りないと余計に皮脂の量が増えてしまいます。

化粧水で潤いを与えて、乳液などの油分もしっかり補うようにしましょう。

<たるみ毛穴>

たるみ毛穴は、紫外線による乾燥などの外からの刺激だけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸など肌のうるおいのもととなる成分の減少なども原因となります。

紫外線対策をしっかり行い、保湿を心がけるほか、クレンジングや洗顔料も油分の多いクリームやミルク状のタイプのものを使うなどして保湿中心のスキンケアを心がけましょう。

ムダ毛が原因で毛穴が目立つことも!

さらに、毛穴が目立つ原因の1つに、ムダ毛が挙げられます。

適度なムダ毛処理を心がけるようにしましょう。

ただし、肌に負担のかかるムダ毛処理は、逆に毛穴が目立ってしまうため、毛穴に負担のかからない電気シェーバーや除毛クリーム、抑毛ローションといった方法を選択しましょう。

さらにそれだけではなく、剃った後のアフターケアが大切になってきますので、

ムダ毛の処理をした後には、保湿をして肌を整えることを忘れないようにしましょう。

まとめ

カップル

いかがでしたか?今回は多く見られる毛穴のタイプと対策についてご紹介しました。

毛穴が目立つということは、何らかの原因で「肌のターンオーバーが乱れてしまっているとか、本来必要な水分、油分が足りていません!」という、毛穴からのサインです。

私たちの肌は食べたものでできていますので、もちろん食事も大事ですし、ターンオーバーを正常化するためには睡眠もとても大切です。

スキンケアも毎日行うことなので、ちょっとした間違い、勘違いが積み重なると毛穴のトラブルとして現れてきます。

自分の毛穴のタイプを理解して、さっそく正しいスキンケアを取り入れて毛穴レスの肌を目指しましょう。

毎日丁寧にケアすることで、もうファンデーションで隠さなくても、至近距離で見られても大丈夫な毛穴レスの肌を作ることができます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。