Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. スキンケア
  4. >
  5. 美容液を塗る順番はいつが...
美容液を塗る順番はいつが正しい?本当に正しい使い方!

美容液を塗る順番はいつが正しい?本当に正しい使い方!

お肌の栄養ドリンクの様な存在である美容液 化粧水でお肌を潤す。最低限これだけでも勿論スキンケアは可能ですが、 美容液には更に保湿の成分や美白の成分等がぎゅっと凝縮されているので、プラスアルファのお肌悩みを解消してくれるなんともありがたい存在でもあります。 今回はそんな美容液の正しい使い方をご紹介していきます。 使い方を間違えていては、せっかくの効果も半減してしまいます。 これを機に、正しい使用手順をチェックしてみてくださいね。

2021.07.29 スキンケア

Supervisor監修者

片岡 祥幸

コスメコンジェルジュ(日本化粧品検定協会認定)
片岡 祥幸

エイジングケアが期待できる!美容液の特徴とは?

そもそも美容液にはどういった特徴があるのでしょうか。

冒頭でも簡単にはお話しましたが、もう少し掘り下げてご紹介していきたいと思います。

【美容液の特徴とは?】
  • 保湿や美白などといった美容成分がギュッと濃縮されている
  • お肌に有用な成分が配合されているが、配合量の規定はなくメーカーによって様々
  • 主な働きとしてはお肌の水分をしっかりとキープして、しみ、しわ、たるみなどの年齢肌対策ができる

普段のスキンケアだけでは物足りなかったり、

あるいはプラスアルファで解決したいお肌悩みがある方はぜひ美容液を導入してみてください。

紫外線が気になるのであれば、美白の美容液を。乾燥が気になるのであれば、潤い重視の美容液を。

たるみやしわが気になるのであれば、エイジングケアのできる美容液がおすすめです。

用途によってスキンケアラインに組み込んであげられるのは、うれしいポイントですよね。

正しい使い方が効果の決め手!正しい順番で使いましょう

美容液

では、美容液はスキンケアの中でいったいどのタイミングでつけるのが正しいのでしょうか。

多くのメーカーで推奨しているのは、【化粧水の後】。

つまりは、化粧水と乳液・クリームの間に使うことが多いでしょう。

理由としては、美容液の多くは与えたうるおいが逃げないように蓋をする役割を持っているから。

先に化粧水などうるおいを与えるアイテムから使っていかないと、はじかれてしまうのです。

この使用手順が一番ベーシックではありますが、最近では美容液の水分量もメーカーによって多種多様。

その他にも、以下のような仕様手順を設けている美容液もあるのでチェックしてみましょう。

【洗顔後一番最初に塗る!?使用手順のいろいろ】
  • 油分が多いオイルタイプは最後に(他の化粧品の浸透をさまたげるため)
  • 保湿重視のものは洗顔後一番最初に(より肌の奥へ届けるため)

いずれにしても、美容液をスキンケアに取り入れる場合は必ずメーカーの推奨する使用手順を確認しましょう。

誤った使用手順では、その効果も半減してしまいますよ。

エイジングケアには美容オイルもおすすめ

(ホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイルなど)

オイル

美容液のお話をここまでしてきましたが、最近注目を集めているのは“美容オイル”だということをご存知でしょうか。

オイルといえば、前述に挙げた乳液やクリームのように化粧水で与えた水分たちを逃さないための蓋を閉じる役割のイメージが強いですよね。

ですが、近年はそんな役割を超えた美容オイルたちがじわじわと人気を集めています。

【人気の美容オイルたち】

ホホバオイル…『命の植物』とも呼ばれるホホバの実や種子から抽出されたもの

アルガンオイル…抗酸化力・活性酸素の除去の働きが期待できるオイル

オリーブオイル…美容オイルとしても人気で、肌環境を健やかに整えてくれる

いずれにしても、抗酸化作用やお肌のハリツヤアップが期待出来るものが多く、エイジングケアにはもってこいなんですよ♪

まとめ

いかがでしたか?いずれにしても、美容液も美容オイルも正しい順番で効果アップにつなげることが大切です。

まずはメーカーに準じた使用手順をしっかり守ることが大前提です。

水分量が高いものほど最初に使用する…これは基本となるルールではありますが、

最近では美容オイルの中でも浸透力にこだわっているアイテムも発売されていたりします。

オイルにもかかわらず、洗顔後一番最初に使用するタイプもあり、そうすることでお肌に通り道をつくってくれ、化粧水の効果がより発揮される!という優れもの。

こうした新発想の浸透美容オイルも、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。